スタッフ

塩田 達俊 しおだ たつとし / SHIODA Tatsutoshi

略歴

1989.4~1992.3
神奈川県立横浜緑ヶ丘高等学校
1993.4~1997.3
横浜国立大学工学部物質工学科
1997.4~1999.3
東京工業大学大学院総合理工学研究科 物質電子科学専攻博士前記課程修了[理学修士]
1999.4~2002.3
東京工業大学大学院理工学研究科 有機・高分子物質専攻博士後期過程修了[工学博士]
2002.4~2003.12
Case Western Reserve University, Dept. of Phys., Reserch Associate
2004.1~2007.3
東京農工大学大学院電気電子工学専攻 助手
2007.4~2007.12
国立大学法人東京農工大学大学院電気電子工学専攻 助教
2008.1~2010.3
国立大学法人長岡技術科学大学 トップランナー養成センター
産学融合 特任准教授
2010.4~2013.3
国立大学法人長岡技術科学大学電気系 准教授
2013.4~
国立大学法人埼玉大学大学院理工学研究科数理電子情報部門
電気電子システム工学専攻 准教授

スタッフ

  • 研究員 中村 亮介(なかむら りょうすけ)   
    肩書
    セブンシックス株式会社 技術部長/埼玉大学特任准教授/大阪大学招聘准教授
    研究テーマ
    超高速分光、バイオイメージング、中赤外光発生・計測、光波制御、光化学反応制御
       
    経歴
    1. 2000年6月 博士(理学)の学位取得(北海道大学)
    2. 2000年4月-2008年3月 博士研究員(大阪大学、科学技術振興機構)
    3. 2008年4月-2010年8月 東北大学大学院理学研究科 助教
    4. 2010年9月-2017年3月 大阪大学産学連携本部 特任講師
    5. 2018年4月-2019年8月 大阪大学産学共創本部 特任准教授
    6. 2020年9月- セブンシックス㈱技術部長/埼玉大学研究員/大阪大学招聘准教授
         
    業績
    1. R. Nakamura, “Simultaneous mid-infrared pulse generation and shaping in engineered quasi-phase-matched nonlinear crystals”, Opt. Commun. 383 (2017) 545-550.
    2. R. Nakamura, Y. Inagaki, H. Hata, N. Hamada, N. Umemura, T. Kamimura, “Wide-bandgap nonlinear crystal LiGaS2 for femtosecond mid-infrared spectroscopy with chirped pulse upconversion”, Appl. Opt. 55 (2016) 9365-9369.
    3. R. Nakamura, S. Makuta, Y. Tachibana, “Electron Injection Dynamics at the SILAR Deposited CdS Quantum Dot/TiO2 Interface”, J. Phys. Chem. C 119 (2015) 20357-20362.
    4. R. Nakamura, N. Hamada, “Vibrational Energy Flow in Photoactive Yellow Protein Revealed by Infrared Pump-Visible Probe Spectroscopy”, J. Phys. Chem. B 119 (2015) 5957-5961.
      など査読論文約50報
  • 研究員 西浦 匡則(にしうら まさのり)
    肩書
    学術研究員
    研究テーマ
    1. レーザー加工用 1um帯 偏波保持ファイバを用いた高精度光コヒーレンストモグラフィの開発
    2. 1um帯 全偏波保持ファイバ 波長フレキシブル超短パルスファイバレーザーの開発
    業績
    論文
    1. Masanori Nishiura, Ryo Kageyama, and Tatsutoshi Shioda, “Efficient use of all ports of a 3 × 3 coupler in a nonlinear amplifying loop mirror-based fiber laser,” Optics Letters, Vol. 48, Issue 16, pp. 4312-4315 (2023)
    2. Masanori Nishiura and Tatsutoshi Shioda, “Wavelength and pulse width programmable mode-locked Yb fiber laser,” Opt. Express Vol. 31, Issue 4, pp. 5347-5362 (2023). https://opg.optica.org/oe/fulltext.cfm?uri=oe-31-4-5347&id=525643
    国際学会発表
    1. Masanori Nishiura, Ryo Kageyama, Ryosuke Nakamura, Tatsutoshi Shioda, “6.5 nJ, 20 MHz compact SESAM-free al-PM ultra-short pulse fiber seed laser pumped by a single butterfly laserdiode” SPIE Photonics West 12400-54 (2023). 2023年1月, サンフランシスコ
    2. Masanori Nishiura, Ryo Kageyama, Ryosuke Nakamura, Tatsutoshi Shioda “Compact NALM-Based Yb Fiber Laser at 1064 nm” OPTICA Laser Congress and exhibition, JTu6A.2 2022年12月
    3. Masanori Nishiura, Shioda Tatsutoshi, “1023-1064 nm wavelength-tunable all polarization maintaining mode-locked fiber laser with a programmable optical filter,” Photonics West 2020, 11260-28 Feb.2020, California, USA.
    4. Masanori Nishiura, Tatsutoshi Shioda, “Dual-bandpass filter for self-starting mode-locking in All-PM NALM-based fiber laser,” Photonics West 2021, 11665-59 Feb.2021, Online.
    国内学会研究発表
    1. 西浦 匡則, 影山 陵, 中村 亮介, 塩田 達俊, 【受賞記念講演】“超短パルスレーザーを発生する光ファイバモジュール” レーザー学会 第 43 回年次大会, B06-19a-VI-02 2023年1月
    2. 西浦 匡則, 影山 陵, 塩田 達俊,“NALM型ファイバレーザー発振器とプリアンプの統合,” 第83回応用物理学会秋季学術講演会, 23a-P01-1, 2022年9月
    3. 影山 稜, 西浦 匡則, 謝 宜達, 塩田 達俊, 中村 亮介,“2波長バンドパスフィルタを用いたシングルゲイン8の字型ファイバレーザー,” 第83回応用物理学会秋季学術講演会, 21p-P04-4, 2022年9月
    4. 【招待講演,第46回レーザー学会賞奨励賞受賞】西浦 匡則, 塩田 達俊, “2 波長バンドパスフィルタを用いたセルフスタートモード同期ファイバレーザー”, レーザー学会学術講演会第42回年次大会, B02-12a-II-01, 2022年1月
    5. 【優秀ポスター発表賞】【埼玉大学学生表彰】西浦 匡則, 塩田 達俊, “figure-8 超短パルスファイバレーザーの数値解析,”, レーザー学会 第570回研究会 次世代ファイバレーザー技術,P1, 2021年11月, 名古屋大学(ハイブリッド)
    6. 西浦 匡則, 塩田 達俊, “ANDiモード同期ファイバレーザーにおける狭帯域バンドパスフィルタのスロープ依存性,” 第68回応用物理学会春季学術講演会, 19p-Z06-12 2021年3月.
    7. 紀 里、西浦 匡則、塩田 達俊, “全正常分散ファイバレーザーのバンドパスフィルタ依存性”, レーザー学会学術講演会第41回年次大会, B06-19p-II-01, 2021年1月
    8. 【優秀口頭発表賞受賞】西浦 匡則, 塩田 達俊, “Q スイッチ誘発波長フィルタを用いた自己始動モード同期”, レーザー学会第 548 回研究会 ファイバレーザー技術, 2020年11月.
    9. 西浦 匡則, 塩田 達俊, “機械的走査のないパルス幅・波長可変モード同期ファイバレーザー”, Optics & Photonics Japan 2020, 2020年11月, オンライン開催.
    10. 西浦 匡則, “広範な応用に向けたフレキシブル性の高い EOコム”, Optics & Photonics Japan 2019, 招待講演, 大阪大学.
    11. 西浦 匡則, 中村 亮介, 塩田 達俊, “1um帯全PM 波長可変モード同期ファイバレーザ,” レーザー学会第538回研究会「ファイバレーザー技術」, P1 2019年11月, 名古屋大学.
    12. 西浦 匡則, 塩田 達俊, “NALMを用いたモード同期ピコ秒 全PM Ybファイバレーザ,” 第80回応用物理学会秋季学術講演会, 21a-E203-5 2019年9月, 北海道大学.
    13. 西浦 匡則, 塩田達俊, “偏波保持ファイバを用いた 1μm 帯光コヒーレンストモグラフィの開発,” 第62回光波センシング技術研究会講演会, LST62-1 2018年12月, 東京理科大学.
    14. 西浦 匡則, “各種用途の超短パルスファイバーレーザーの開発,” 「ファイバーレーザー技術」専門委員会 第2回委員会, 2018年7月, 北海道.
    15. 西浦 匡則, 唐澤 悠太朗, 塩田 達俊, “光波長プロセッサを用いたOCTの分散補償・スペクトル最適化,” 第65回応用物理学会春季学術講演会, 20a-P2-7 2018年3月, 早稲田大学.
  • 研究員 Sultana Nasrin(スルタナ ナスリン)   
    研究テーマ
    Self-start mode-locked fiber laser, Ultrafast photonic science
       
    経歴
    1. 2020.2~present Associate professor in Hajee Mohammad Danesh Science & Technology University
    2. 2020 PhD in Saitama University
    3. 2014.2~2020.1 Assistant professor in Hajee Mohammad Danesh Science & Technology University
    4. 2014 MS in Bangladesh University of Engineering and Technology
    5. 2010 BS in Hajee Mohammad Danesh Science and Technology University
         
    業績
    1. Md. Hasan Ali, A.T.M. Saiful Islam, Md Dulal Haque, Md. Ferdous Rahman, M. Khalid Hossain, Nasrin Sultana, and A.Z.M. Touhidul Islam,“Numerical analysis of FeSi2 based solar cell with PEDOT:PSS hole transport layer,” Materialstoday Communication, 34, 105387 (2023).
    2. Md. Abubakar Siddik, Most. Anju Ara Hasi, Jakia Akter Nitu, Sumonto Sarker, Nasrin Sultana, and Emarn Ali, “A Modified IEEE 802.15.6 Mac Scheme to Enhance Performance of Wireless Body Area Networks in e-health Applications,” International Journal of Wireless & Mobile Networks (IJWMN), 14 (4), pp. 63-85 (2022).
    3. Nasrin Sultana, Hiroaki Tada, Hayate Imai, and Tatsutoshi Shioda, “Dispersion pre-compensation of 25.6 Tbps waveforms using an optical frequency comb synthesizer/analyzer,” Optics Communications, 475, 126196 (2020).
    4. Md. Zamil Sultan, Nasrin Sultana, and Md. Mehedi Islam, “Optical Performance Characteristics Evaluation of 3M Optical Thin Film Structure with Enhancing Incident Angle of Light and Refractive Indices of Growth Materials,” North American Academic Research, 3 (09), pp. 46-53, September (2020).
    5. Sultana Nasrin, Hiroaki Tada, Leona Yuda AND Tatsutoshi Shioda, “Dispersion spectroscopy with optical frequency comb-based single-shot dual-heterodyne mixing,” Journal of Applied Optics, 58 (33), pp. 9044-9050 (2019).
    6. Sultana Nasrin, Hiroaki Tada, Hayate Imai, and Tatsutoshi Shioda, “Scan-less dispersion spectroscopy with single-shot dual- heterodyne mixing and optical frequency comb,” Laser Science to Photonic Application (CLEO 2021), JW1A.112, May 2021, San Jose, California, USA (2021).
    7. Sultana Nasrin, Hiroaki Tada, and Tatsutoshi Shioda, “Dispersion spectrum measurement using scan-less dual-heterodyne mixing,” Laser Science to Photonic Application (CLEO 2020), JTh2C, May 2020, San Jose, California, USA (2020).
    8. Sultana Nasrin, Hiroaki Tada, and Tatsutoshi Shioda, “Scan-less dispersion spectroscopy with single-shot dual heterodyne mixing and optical frequency comb,” Laser Congress, JTh3A Oct.2019, Vienna, Austria. (2019).
    9. Leona Yuda, Hiroaki Tada, Takashi Hasegawa, Nasrin Sultana, and Tatsutoshi Shioda, “High-speed Optical Frequency Comb Analyzer with single-detector technique for Ultrafast Waveform Measurement,” ASIA PACIFIC LASER SYMPOSIUM 2018 (APLS2018), P19 May (2018).
    10. Sultana Nasrin, Leona Yuda and Tatsutoshi Shioda, “Scan-less dual-heterodyne mixing for dispersion spectrum measurement,” Optic and Photonics Japan, 2018, 1pB 9, University of Tsukuba, Tokyo, Japan (2018).
    11. Leona Yuda, Sultana Nasrin, Hiroaki Tada and Tatsutoshi Shioda, “時間並列位相検波による光周波数コムアナライザの基礎検討,” Optic and Photonics Japan, 2018 1pB12, University of Tsukuba, Tokyo, Japan (2018).
  • 研究員 Dinh Thai Bao (ディン タイ バオ)
    出身
    Vietnam
    研究テーマ
    Optical Metrology, Single-shot Profilometry and Tomography, Laser Applications.
    経歴
    – Master study: National Taipei University of Technology
    – Undergraduate: Hanoi University of Science and Technology
    業績
    国内学会研究発表
    1. Dinh Thai Bao, Keishi Chiba, Truong Cong Tuan, Tatsutoshi Shioda, “Research on the effect of the grating profile on the profilometry resolution of the 2D single-shot comb-based interferometer,” AUN/SEED-Net Joint Regional Conference in Transportation, Energy and Mechanical Manufacturing Engineering, Dec. 2021
    2. Dinh Thai Bao, Keishi Chiba, Truong Cong Tuan, Tatsutoshi Shioda, “Investigation of the effect of grating profile on the precision of 2D single-shot comb-based interferometer,” CLEO-PacificRim2022, CThP6E, Aug.2022
    3. Dinh Thai Bao, Truong Cong Tuan, and Tatsutoshi Shioda, “Improvement of optical setup of the novel 2D single-shot comb-based interferometer for high-resolution measurement, “Journal of Science and Technology: Smart Systems and Devices Vol 32.2, pp. 39-46. (2022)
  • 協力研究者 Tuan Quoc Banh (トゥアン クォック バン)
    研究テーマ
    Applied optics, Production engineering, Measurement engineering
    研究分野のキーワード
    Precision Measurement, Interferometry, Single-shot
    経歴
    1. Bachelor of Science (Vietnam)
    2. Master of Science (Korea)
    3. Master of Engineering (Japan)
    4. Doctor of Engineering (Japan)
    活動
    1. Optics Express: reviewer
    2. Optics Communications: reviewer
    3. Regular member of the optical society: The Optical Society (OSA), The Japan Society of Applied Physics (JSAP)
    業績
    1. Tuan Quoc Banh, Kohei Suzuki, and Tatsutoshi Shioda, “Development of an incoherent optical frequency comb interferometer for long-range and scanless profilometry and tomography”, Optics Communications, Vol. 296, pp. 1-8 (2013).
    2. Banh Tuan Quoc, Suzuki Kohei, Kimura Munehiro, Shioda Tatsutoshi, “Two-dimensional high-speed and long-range tomography and profilometry using liquid-crystal Fabry–Perot resonator”, Applied Optics, Vol. 54, pp. 912-918 (2015).
  • NO IMAGE
    事務補佐員 岡野 小百合(おかの さゆり)

博士後期課程

D1

  • Preangka Roy(プレンカ ロイ)
    出身
    Bangladesh
    研究テーマ
    aser oscillation and interferometry
    経歴
    – Master: Khulna University

博士前期課程

M2

      
  • 鈴木 涼介 (すずき りょうすけ)
    出身
    栃木県
         
    趣味
    読書,スポーツ観戦
    研究テーマ
    要記載 周波数領域相関を用いたワンショット任意光波形計測システムの研究
    業績
    1. 鈴木涼介,大森翔,塩田達俊“SSB 光変調器を用いた周波数領域光相関法の共通光路化の検討,” 日本光学会年次学術講演会 Optics & Photonics Japan2023, 29aC10, 2023年11月, 北海道大学
    2. Kaito Fukushi, Ryosuke Suzuki, Tatsutoshi Shioda, “Single-Shot Measurement of Optical Frequency Comb Synthesizing Ultrafast Arbitrary Waveforms Using Novel Technique of Frequency Domain Optical Correlation,” CLEO2023, JTu2A.63, May 2023 San Jose, USA.
    3. 鈴木 涼介, 福士 海渡, 塩田 達俊, “周波数領域光相関法の測定原理に則した計算アルゴリズムの検討”, 第70回応用物理学会春季学術講演会, 16p-A502-3 2023年3月, 上智大学.
    4. 福士 海渡,鈴木 涼介, 塩田 達俊, “周波数領域光相関法と2逓倍変調を用いた光周波数コム合成信号の解析” 日本光学会年次学術講演会 Optics & Photonics Japan 2022, 15aE6 2022年11月
  •   
  • 田口 大翔 (たぐち ひろと)
    出身
    栃木県
         
    趣味
    バトミントン
    研究テーマ
    低コヒーレンスデュアルコム分光法を利用した5μm幅の段差測定
  •   
  • 田邊 寛洋 (たなべ かんよう)
    出身
    愛知県
         
    趣味
    プロ野球観戦
    研究テーマ
    低コヒーレンスデュアルコム分光法の確立と距離計測への応用
  •   
  • 能宗 大輔 (のうそう だいすけ)
    出身
    埼玉県
         
    趣味
    スポーツ観戦、スノーボード
    研究テーマ
    2波長同時ヘテロダイン検波法を用いたTOF計測の基礎検討
    業績
    1. 能宗 大輔,内山 遼,今井 颯,塩田 達俊 “光周波数コムシンセサイザ/アナライザにおけるテラヘルツ帯光マイクロ波の波形制御の距離計測応用へ向けた基礎検討,” 応用物理学会 光波センシング技術研究会LST講演会, LST69-20, 2023年12月, 東京理科大学
    2. 内山 遼, 能宗 大輔, 塩田 達俊 “光周波数コムシンセサイザ/アナライザによるテラヘルツ帯光マイクロ波の発生と距離計測応,” 第84回応用物理学会秋季学術講演会, 22a-A602-2, 2023年9月, 熊本城ホール
  •   
  • 村澤 聡笑 (むらざわ さとえ)
    出身
    徳島県
         
    趣味
    映画鑑賞
    研究テーマ
    生体応用へ向けた非接触光形状計測システムの研究
    業績
    1. 2024年4月25日 横浜パシフィコで開催されたOPIC(Optics and Photonics International Congress)で発表を行いました
    2. Satoe Murazawa, Keito Fukuda, Tatsutoshi Shioda “2D Single-shot Spectral-domain Optical Coherence Tomography by Synchronization of pulse light source and camera,” OPIC2024, BISCp-09, Apr. 2024. Yokohama, Japan
    3. 福田 渓人,村澤 聡笑,塩田 達俊 “2Dシングルショット干渉計を用いた表面形状計測への構造化光の適用,” 日本光学会年次学術講演会 Optics & Photonics Japan2023, 28pC6, 2023年11月, 北海道大学
    4. 村澤 聡笑,福田 渓人,塩田 達俊 “2次元SD-OCTにおけるシングルショットパルス照射による振動ロバスト性の向上,” 日本光学会年次学術講演会 Optics & Photonics Japan2023, 28pC5, 2023年11月, 北海道大学
    5. 福田 渓人, 村澤 聡笑, 塩田 達俊, “2D シングルショット光断層計測における高速化と広い計測範囲の両立”, 第70回応用物理学会春季学術講演会, 17a-A502-8 2023年3月, 上智大学.

M1

      
  • 大森 翔 (おおもり しょう)
    出身
    埼玉県
         
    趣味
    ゲーム、キャンプ
    研究テーマ
    周波数領域光相関計測へ向けたループ光周波数走査回路の特性評価
    業績
    1. 鈴木涼介,大森翔,塩田達俊“SSB 光変調器を用いた周波数領域光相関法の共通光路化の検討,” 日本光学会年次学術講演会 Optics & Photonics Japan2023, 29aC10, 2023年11月, 北海道大学
  •   
  • 金井 聡志 (かない さとし)
    出身
    千葉県
         
    趣味
    スキー、ゲーム
    研究テーマ
    低コヒーレンス光源による新規デュアルコム分光法の距離計測応用へ向けた研究
  •   
  • 橋本 夕芽 (はしもと ゆめ)
    出身
    北海道
         
    趣味
    映画鑑賞、筋トレ
    研究テーマ
    業績
    1. 2024年3月31日 塩田研究室の橋本夕芽さんが、電気学会東京支部 電気学術女性活動奨励賞を受賞しました
  •  

B4

      
  • 新井 健太 (あらい けんた)
    出身
    埼玉県
         
    趣味
    ゲーム、自転車
  •   
  • 小野寺 柊人 (おのでら しゅうと)
    出身
    宮城県
         
    趣味
    卓球、旅行
  •   
  • 中村 真音 (なかむら まお)
    出身
    青森県
         
    趣味
    ミュージカル鑑賞,スポーツ観戦
  •   
  • 山根 和眞 (やまね かずま)
    出身
    埼玉県
         
    趣味
    スポーツ観戦、サウナ